読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず3ヶ月

介護福祉士1年目

第5週:「無理しないほうがいいよ」「焦らなくていいからね」

毎朝、始業開始の1時間前に出勤しています。新人は早めに出勤しなけらばいけない暗黙のルールみたいなものありません。自主的にやっています。

 1時間も前に出勤して何もするのかというと、業務記録や連絡帳、1日のスケジュールなどを読んでいます。普通は全部読む必要はありません。自分に必要な部分だけ読むなら15分ほどで充分ですが、今の僕には何が自分に必要で何が不要なのかが判断できないので、全部読んでいます。

それともう1つ。気持ちを仕事用に切り替えるのに1時間ほどかかります。気持ちをすぐに切り替えることが出来ないんです。朝を起きた時も通勤途中も「めんどくさい」「帰りたい」「疲れた」という気持ちでいっぱいなんですが、制服に着替えたり記録を読んでいくうちに少しずつ「仕方ない、やるかな」という気持ちに変わっていきます。

先輩職員は「無理しないほうがいいよ」「焦らなくていいからね」と気にかけてくれるんですけど、こうでもしないと不安感に負けそうです。気を抜いたら一気にダメになりそうな予感もあります。もちろん無理をし過ぎてもダメになると思いますが、気持ちを一定の範囲内で維持させるには多少の無理も必要です。

本当に、焦らず自分のペースで働ける職場であれば問題ありませんけど、そうじゃないですからね。人手不足で業務が滞ってピリピリしがちな職場で「焦らなくていい」と言われても安心できないですよ。不安感から解放されるには、仕事ができるようになるしかありません。